FC2ブログ
出会い系体験記まとめサイト
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/07(土)08:09
エロくないのでズボンは下げずにきいてほしい

その子と出会ったのは携帯の友達募集掲示板
今と違って規制もゆるく援交って単語すらなかった時代
お互い相手がいたし、会うまではお互いの顔もしらなかったので
特に意識することなくメールで雑談するだけの関係が1年ほど続いた

そんなある日、お互い好きなサザンの野外ライブが横浜で開催がきまった
といっても残念ながら一緒に観ようなんて流れになるわけでもなく
お互い友達同士を誘い合って、盛り上がり、ライブは終了し岐路についた

そのとき運命の携帯がなったんだ
俺のドコモのアドレスは初期設定のままで電話番号がアドレスだったんだよね

バッグ落としちゃってどうしようって内容で半泣き
当時は携帯普及率低くて、俺くらいしか現地近くで頼れる人が居なかったみたい

会ったことはないけど家そこそこ近いし電車代でもおごってやるかと
そこから見える目印になりそうな建物を指定して待ち合わせをして初顔合わせ

デビュー当時の宇多田ヒカルのような眉毛太いけどかわいい子がそこに居た

今考えるとじれったいがその日はそのまま送り届けてメールだけの関係に逆戻り
徐々に仲良しになったけど、ネット上のみの関係というどこか冷めたままで
そのまま時は経ち…

またあの番号から着信
同じように半泣きで、どうしたのかきいたら
卒業と同時にイギリスの大学にいくことが決まってたけど今まで言い出せなかったらしい

泣きながらみんなと離れちゃうんだっていう声をきいていたら
恥ずかしいけどこっちまでもらい泣きしちゃった
と、同時に俺はこの子が好きだったんだ、遠くへ行ってほしくないと
気づいてはいけない気持ちに気づいてしまった

いてもたっても居られずに車を走らせて会いに行った

何を話していいかわからずに近所の公園でブランコに座ったまま時間だけが過ぎていった

何時間が経っただろうか。「そろそろ帰らなきゃ」といわれ
のろのろと立ち上がった瞬間、あまいシャンプーの香りと共に唇を奪われた
すごく綺麗な涙を流しながら。

呆然としている俺を置いてそのまま走り去ってそれっきり
電話は解約したみたいで連絡方法がわからないままお別れとなった

今でもちょっと胸が締め付けられる甘酸っぱい思い出です

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://whipwhipcream.blog.fc2.com/tb.php/36-6960da97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
 | 恋愛相談所TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。